求める人材像

当社はレッスンやパーソナルトレーニングなどの指導スキルだけでなく、ビジネスマンとして必要なスキルも備えた、ハイブリッドなインストラクターやトレーナーの人材育成を目指しております。
指導については、トレーニング知識だけではなく、コミュニケーション力やパフォーマンス力を重視しています。またビジネスマンとしては、IT・会計・マーケティングなどの知識の習得にも、力を入れております。

「実践を通しての研修」が中心なので、実際に手や頭を動かしながら、具体的な指導を受けることができる環境を整えております。
「百聞は一見にしかず」ということわざもありますが、やはり実践を通してこその学びが重要だと考えています。本人の熱意次第では、一般的な企業と比較しても段違いのスピード感で飛躍的な成長が望めます。

 

(▲参考)
インストラクターやトレーナーのライフステージの変化

なかなかイメージがつきづらい方もいらっしゃるかと思われますが、インストラクターやトレーナーのライフステージにおいて、第一線で活躍できる期間は一般的なビジネスマンなどの社会人より、短いことが多いのが現状です。

上の表に記載されている通り、心身ともに充実しており、バリバリ活躍してセッションやレッスンを行えるのは、やはり20代がピークとなります。
30代からはトレーナーとしての魅力も少しづつ低減し、ライフステージとしても結婚や出産により、仕事に費やせる時間が減少していくこととなります。
さらに40代になると自身の体型維持も困難となり、親の介護等による時間の制約が多くなることで、セッションやレッスン等で自身の価値を提供することが難しくなっていってしまうことが多い状況があります。

年代ごとに変異するそれぞれのステージで活躍するためには、指導スキルだけでなく、基本的なビジネススキル、組織を率いて成果をあげるマネジメントスキル、会社や事業を成功に導く経営スキルなどを身につける必要があります。

これらの知識やスキルについては、必要だと気づいたタイミングで身につけようとしても既に手遅れとなっている可能性があります。このような厳しい状況を打破するためにも、当社は早くからビジネススキルを習得し、ハイブリッドな人材を育成することに注力しております。

 

 

© 2022 株式会社フィットベイト 採用HP Powered by AFFINGER5